不眠症を解消して快適睡眠【質の良いスリープ法】

医者

不眠に関して

女性

不眠症は精神的な問題であることも多いです。極論をいってしまえば、一日、二日眠らなかったところでそこまでの問題はないです。気にしすぎないでリラックスすることです。酒で眠る人もいますが、基本的にはお勧めできないことです。

詳しくはコチラ

日中の眠気の原因

病棟

夜に寝つきが悪くしかも途中で目も覚ましやすく、眠れない事により日中に眠気、気だるさ、疲れなどこのような状態が起こる事を不眠症と言います。不眠症は男性よりも女性に多いとされ20から30歳代で始まり、年齢を増すごとに増える傾向にあり原因となる睡眠障害を解消することが急務です。代表的な不眠症は1時間以上かけても眠れない、眠りについても夜中に目が覚める、他にも予定の時間より早く目が覚めてしまう、充分眠れたという実感が感じられないなどが不眠症に見られる代表的な状態です。このような状態を解消しないと日常生活に支障をきたす事となります。疲労回復に睡眠は欠かせませんが、質の良い睡眠が取れないと睡眠自体が疲労の原因となってしまいます。では日中の眠気解消にはどうしたら良いのか、不眠症の原因と解消法とはどのようなものがあるのでしょうか。いまは心療内科もあるので、そこで原因追求をしながら治療に励むということも可能です。

日中の眠気を無くすには睡眠障害となる原因を探る必要があります。特に原因となる主な要因に、生活習慣、心の問題、病気や怪我など身体的問題や環境問題があります。生活習慣においては、アルコールや喫煙、運動不足などが要因とされています。さらに心の問題においては、悩み事やストレス、心的問題においては怪我や病気の有無、性別などがあります。また忘れがちですが、環境問題としては寝床の状態や枕、音や光が不眠症の原因となる主なものです。最近問題視されているのが環境問題ではないでしょうか。特に音や光においては単に「うるさい、眩しい」というものとは別に、パソコンやスマートフォンを床に着くまで見続けるなどの問題があり睡眠を妨げる要因の一つになっています。これらは日中の眠気に限らず、不眠症になる要因になりますので注意が必要です。また自分なりに生活習慣や環境問題を解決しても、不眠症自体の改善が見られないのであれば、ストレスが原因になっていることもあるので、心療内科や睡眠障害に特化した専門的なところへ行きましょう。

対策を知っておこう

医者

不眠症は多くの人が悩んでいる美容器です。原因は交感神経の活性化にあり、毎日の生活リズムを整えることなどで対策をとることが可能です。不眠症で医療機関を利用する人はまだまだ少ないので、説教け的に医療機関を利用してもらえるようにすることが今後は大切です。

詳しくはコチラ

種類と改善方法

医者

不眠症には4つの種類があります。ただ単に眠れないのが不眠症ではないのです。その改善のためには、適度な運動をしたり、寝る前にカフェイン飲料を飲まない、パソコンを使わないなどといったことがお勧めです。寝る前はできるだけ交感神経を刺激しないようにしましょう。

詳しくはコチラ

Copyright©2015 不眠症を解消して快適睡眠【質の良いスリープ法】 All Rights Reserved.